絵画から抜け出たようなバラ、アランティッチマーシュ

バラのある暮らし

こんにちは!kasutaです。

イングリッシュローズのアランティッチマーシュ、2019年の開花です。

去年、調子の悪い苗を譲り受けてから初めての開花。

6号鉢の大きさのまま、株自体は大きくはなっていませんが、それなりにつぼみをつけて、キレイに開花してくれました。

深いディープカップ咲きのライラックピンク、うちにはラレーヌビクトリアがあったので似た系統かなぁ、と思っていましたがやはり咲くと全然違いますね。

これぞイングリッシュローズ、といった雰囲気のバラでとっても気に入りました。

 

↓ふんわりと丸いつぼみが少しづつほころんでいきます。

ギュギュッとつまった花弁が顔をのぞかせ始めたところ。

バラのこの瞬間の期待感がたまりません。

薄い花びらの重なりが美しい。

かなり咲きすすみ、外側の花びらから徐々に水分が抜け始めます。

まるで経年してこそ魅力が増す絵画のようなバラです。

イングリッシュローズに多い特徴かな、と思うのですが

細い花首が大きな花の重みでしなだれて、花が全て俯いて咲いています。

いつか俯いて咲くイングリッシュローズを、下から見上げるように誘引するのが夢です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました